老後を安心して過ごす

シニア女性

元気な高齢者の為の施設

サービス付き高齢者住宅とはまだ介護を必要としていない高齢者の為の施設のことをいいます。有料老人ホームは入浴や排泄や掃除など身の回りの世話や、健康管理を受けながら生活する施設です。それに比べサービス付き高齢者住宅は、安否確認と生活相談のふたつしかサービスとして義務付けられていません。まだまだ体は元気だけれどいざという時に、不安があるという高齢者に適しています。入居の方法ですが、入居一時金を支払う有料老人ホームと違ってサービス付き高齢者住宅は、賃貸借契約となり敷金礼金を支払って入居します。流れとしてはまず希望の住宅を見学します。スタッフの案内を聞いた上で入居の意思が固まったら申し込みをします。ここまでは不動産屋に内覧を申し込んで見学し入居を決めるのと変わりません。その後は入居希望者の健康状態や生活の状況、要望などの聞き取りがあります。この点が普通の賃貸への入居とは異なる点です。その後書類を交わし、契約が結ばれたら引越しとなります。引越す時には自分の家具や生活用品を運び込みます。これは普通の引越しと変わりません。有料老人ホームは中々希望の施設に入ることが難しく、順番待ちを何年もしている人も多くいるのですが、サービス付き高齢者住宅は、賃貸マンションを借りるのと同じ様な間隔で自分の納得にいくサービス、立地、料金の住宅を選択することが可能です。もし気になるのであればいくつかの住宅に見学の申し込みをして比較検討してみましょう。