複数のホームを下見する

男女

契約内容を確認する

福岡市は福岡県の県庁所在地です。福岡市の人口はおよそ150万です。福岡市は、九州地方では最大の都市です。福岡市内には、多数の老人ホームが設置されています。豊かな老後の生活を送るかどうかは、老人ホーム選びが重要となります。老人ホームを選ぶ際には、立地条件、費用、スタッフなどのほか、病気などの緊急時の対応などを検討する必要があります。インターネット上には、老人ホームの紹介サイトがありますので、入居を希望する老人ホームが見つかった場合には、施設に連絡してパンフレット等を送付してもらう必要があります。施設のパンフレットを確認した上で、実際に老人ホームの施設等を下見する必要があります。下見をすることで、施設の状況やスタッフの対応状況等を確認することができます。老人ホームの施設等が気に入った場合には、入居申し込みを行うことになります。入居申し込み後には、老人ホームの面接を受けることになります。老人ホームへの入居形態には、利用権タイプと賃貸借タイプがあります。利用権タイプでは、入居一時金を支払って、施設の終身的な利用権を取得するものです。利用権は入居者が死亡するまでの終身契約となっており、入居者が死亡した場合には、相続人等へ引き継ぐことはできません。賃貸借契約は、毎月一定額の利用料等を支払う方法です。入居の際には、一定金額の敷金や権利金等を支払う必要があります。老人ホームへ入居する際には、契約期間、権利金、月々の食費や家賃等を確認する必要があります。